Bot開発マニュアル for Facebook Messenger

LINEのBotをブラウザ上でノンプログラミングで作成することができます。運用もBotEggのサーバー上で行いますので、サーバーの用意も必要有ありません。単語ベースのルールを登録するだけで、簡単なBotを立ち上げて、Botを試してみることができます。

Bot作成の流れを紹介する動画

1. Botを作成する

Bot開発 より、会員登録・ログイン後、「Botを作成する」ボタンを押します。

2. 名前を決めます

名前を入力して、「登録」ボタンを押します。この名前はBotEggで管理するための名前です。

3. 初期設定をする

My Botsページにて、新しく作成したボットの右側の「FB 初期設定」ボタンを押して、初期設定を行います。ここでは、Facebookページの作成、Facebookアプリの作成、Webhooksの設定、ページアクセストークンの生成&登録、Botの起動までを行います。

4. テストする

Botを起動した後、My Botsページに戻りますが、ここでBotをテストしてみましょう。ページアクセストークンの取得の際に選択したFacebookページを開き、カバー画像部の右下にあるメッセージボタンをクリックし、チャットウインドウを立ち上げます。 試しに話しかけてみましょう。すると、ここまでの設定がうまく行っていると、「こんにちは!今、設定中ですのでしばらくたってからご利用下さい。」というメッセージが返ってきます。

5. デフォルトメッセージを登録する

さて、テストが終わったら、My Botsに戻り、初期設定が終わったBotの右側の「ルール登録」ボタンが押せるようになっていますので、押して進みましょう。すでに、デフォルトメッセージが登録されていますが、内容が空欄です。ここを編集から入力すると、「こんにちは!今、設定中ですのでしばらくたってからご利用下さい。」という初期値に置き換わって、登録されたすべての条件に一致しない場合表示されるメッセージとなります。登録するとすぐにBotに反映されますので、Facebookより試してみましょう。

6. ルールを追加して、Botを進化させる

Botは、ルールを追加することで進化します。現在、テキストの条件のみ設定可能です。「ルールの追加」ボタンを押して下さい。テキストルールはユーザーの発言に「完全一致」または「部分一致」する場合に、指定したメッセージを返すことができます。この追加すればするほど、多様な発言に返事を返すことができるようになります。

7. この後

この段階では、開発者のみの発言しか反応しません。Facebook開発者ページから、申請をすることで、一般に公開が可能です。(この点については、現在、加筆中です)